DELTA

Digital Broken Consortのページ

横棒

DELTAとは? | メンバー紹介 | 楽器紹介 | 活動の歴史 | DELTAの演奏

ピアノと胡弓によるミニレクチャーコンサートの写真

ピアノと胡弓によるミニ・レクチャーコンサート

DELTAのLIVE初出演

共演者

胡弓:剣持康典

ギター:福岡享子

デジタルドラム:高橋美樹

花

DELTAとは?

 DELTA digital broken consortとは、日本語で言うと「デルタ電子室内管弦楽団」となります。要するに、電子楽器を使った室内楽をするバンドと考えて下さい。主に使用する楽器はウインド・シンセサイザーと言って、リコーダーやサキソフォンのように、息を吹き込んで音を操作するウインド・コントローラーを専用の音源に接続して様々な音色を出す楽器です。管楽器や弦楽器、そしていわゆるシンセサウンドなど色々な音を出せますが、息の強さでそれらの音の強弱を表現できるので、キーボードよりはずっと表現力があります。私たちはこの楽器をメインに、足りない部分をシーケンサーや生楽器で補いながら演奏を楽しんでいます。

 クラシック、ロック、フュージョン、ポップス、ジャンルを問わず自分たちがやりたい曲や好きな曲を手当たり次第練習しています。そして、うまく演奏ができるようになったら録音して、曲がたまったところでアルバムを作っています。時にはライブをやることもあります。

 メンバーは現在、それぞれに仕事が忙しく、通常は2人で練習している形です。みんな高校の同級生です。「男ばかり集まって酒も麻雀もせずに音楽ばっかりやっているなんて、なんと健全な集まりなんだろう」と我ながら感心しています。(笑)

Topに戻る


 

磯江尚樹の写真

isoe

 

takkun卓哉の写真

takkun

 

花

メンバー紹介(五十音順)

isoe:富良野市在住。LEM音楽院でピアノを教えるかたわらDELTAの活動を続けている。専門的知識と経験を生かし、DELTAの中ではプロデューサー的役割を果たしている。また、演奏面ではギターやピアノなどのアコースティック楽器を担当することもある。

takkun:美瑛町在住。会社に勤めるかたわら、 isoe とともにDELTAを始めた。そもそもDELTAを結成したきっかけは、彼が「何か楽器をやりたい」と言い出したことが始まりである。社会人になるまで音楽経験もなく、全くの初心者であったにもかかわらず、みるみると上達してしまったすごい人。

そのほか、高校の同級生達が3人、メンバーとして加わっていましたが、それぞれ仕事や家庭の都合で練習に参加できなくなりました。現在は二人だけで、活動しています。


花

 楽

楽器紹介

  isoe が主に使用しているのはAKAIのEWI3020と専用音源EWI3030m、それから音源内蔵型のEWI400s。EWIはマウスピース(吹き口)がゴム状になっていてそれを前歯でかむようにしてくわえ、かむ圧力でビブラートをかけることができます。しかし、息はふつうの吹奏楽器のようにたくさん中に入って行くわけではないので、慣れるまで少し吹きにくく感じました。ただし、MIDIコントローラーとしては非常に優秀です。一方、EWI4000sの方はかなり改良されて吹きやすくなっています。乾電池で駆動させることもできるので、ワイヤレス装置を使えばケーブルレスで演奏できます。でも、本体が重たいので長時間演奏していると、楽器を支えている右手の親指がしびれて来るという欠点もあります。

 takkun が使用しているのはYAMAHA WX11。音源はWT11。マウスピースはリコーダーと似ていて、ただ吹き込めばいいので isoe の楽器よりは扱いが簡単ですが、MIDIコントローラーとしてはポルタメントやピッチベンドをかけられないので、少々不満が残ります。

 その他、DELTA結成当時から使っているYAMAHA EW20などがあります。EW20は音源付属でもっとも使いやすくシンプルですが、少々表現力に乏しいところもあります。しかし、FM音源の暖かい音色は独特なものがあり、現在も音源としてたまに使っています。それから、YAMAHA VL-70mなども音源として使用しています。

 伴奏用としては、YAMAHA MU100やCASIO PRIVIAなどの音源やLogic Pro7などのMIDIシーケンス・ソフトを使用しています。現在、レコーディングはもっぱらApple iMacG4でLogic Pro7を使って行っています。オーディオ/MIDIインターフェースはTASCAM US-224を使用しています。

Topに戻る


 

 

ピアノストーリーズの時の写真ピアノストーリーズ

 

 

 

 

ピアノとウインドシンセと三線の夕べの写真ピアノとウインドシンセと三線(さんしん)の夕べ

(中央にいるのは特別出演の三線奏者高橋美樹氏)

花

活動の歴史

・1992年10月:DELTA Digital Broken Consort結成。

・1993年12月:1stアルバム「ノスタルジア」完成。

・1994年8月:LEM音楽院主催「ピアノと胡弓によるミニ・レクチャーコンサート」に出演。「コンドルは飛んでいく」で好評を得る。

・1994年12月:2ndアルバム「Recollections」完成。

・1995年5月:LEM音楽院主催「ピアノ・ストーリーズ」に出演。「ゴンドアの思い出」「マルコとジーナのテーマ」で好評を得る。

・1995年12月:3rdアルバム「Wild 4」完成。

・1996年11月:LEM音楽院主催「ピアノとウインド・シンセと三線(さんしん)の夕べ」に出演。三線(蛇皮線)との共演で「島歌」を演奏。その他10曲を演奏し、大好評を得る。

・1996年12月:4thアルバム「Canon」完成。

・1997年夏頃から:富良野駅において、 isoe オリジナル曲、DELTAの演奏が流れる。

・1998年3月:5thアルバム「The New Era」完成。

・2000年3月:2枚組のベスト・アルバム「DELTA THE BEST」完成。

・2002年12月:6thアルバム「風音爽気」完成。

風音爽気

・2006年3月:LEM音楽院卒業記念コンサートで久々にライブ演奏を行う。

・2006年7月:7thアルバム「Your Destination」完成。

Your Distination 7th Album

・2008年5月:8thアルバム「Transmission Heart」完成。

Transmission Heartのケースラベル

 

・2011年7月:9thアルバム「風と星と羅針盤」完成。

風と星と羅針盤のケースラベル風と星と羅針盤のディスクラベル

 

・2012年12月9日:DELTA結成二十周年記念 オリジナル曲CD「組曲『富良野の四季』」完成。

 

 


花

オリジナル曲のアルバムを作成中

 2012年に結成20周年の節目を迎え、それを記念して、初のオリジナル作品を制作しました。やはり20年もやっていると、色々とこだわりが出てきます。それで、10作目のアルバムはオリジナル曲を含め、クラシック音楽を自分たちでアレンジして収録することになりました。今度は、あわよくば、何らかの形で販売できると良いな・・・なんて、淡い期待を寄せています。

 

DELTAの演奏を聴く

Topに戻る


横棒

Eメールのボタン    HOMEボタン